ブルテリアMr.Boo&Minnieとその手下Tank+Cuna+Char-Bowの日常
by Boo-Minnie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
Boo&Minnie
Tank&Cuna
Boo&Tank
Boo
Minnie
Tank
Cuna
Char-Bow
4匹の愛犬
Boo闘病生活
5wan's
Dogs
パピー
お出掛け
散歩
ガーデン
携帯より
日常
グルメ
その他
未分類
フォロー中のブログ
自然の輝き
☆なると兄弟
眠り病!?
ガ・ブルテリア~maru...
KOMA BUUNO
Cooper
RALBOW*
三匹軽井沢を行く | ブ...
ホワイトデビルちゃんぷ
P's Heart ~...
セリのマレーシア日記
長茄子日記
うなぎいぬ つるのつぶやき
Minibull Fam...
294ものぶろーぐ・2
リンク
最新のコメント
>akigon99さん ..
by Boo-Minnie at 22:29
ミニーちゃん、副作用が出..
by akigon99 at 08:00
〉サンクママさん あり..
by Boo-Minnie at 23:54
お久しぶりです! 影な..
by サンクママ at 23:36
〉あけももさん こんに..
by Boo-Minnie at 09:33
こんにちは。 抗がん剤..
by あけもも at 17:04
>あけももさん はじめ..
by Boo-Minnie at 23:49
はじめまして。あけももと..
by あけもも at 11:31
> akigon99さん..
by Boo-Minnie at 00:44
ミニーちゃんの「出して!..
by akigon99 at 18:35
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一時保育と病院

今日から私が仕事の為、ミニーを朝実家に連れて行って夕方まで預かってもらう事になっていた。
仕事が終わってから私がミニーを引き取り病院へ行くつもりだったのだが、両親が診察だけならと私が仕事の間にミニーを病院へ連れて行ってくれたよ^^

病理の結果が出たみたいで、その話は私に直接するとの事だったようだが、点滴と傷のチェックはしてきてくれた。
明日も病院へ行くのだが、病理検査の結果を聞く為私が夕方ミニーを連れて行くから・・・と、両親に話したところ、明日は病院の受付がいつもより一時間早く終わってしまうので、また私が仕事に行ってる間に点滴に行っておいてくれるそうだ。
そうすれば滑り込みで時間内に先生の話を聞きに行けるのでありがたい。

じかにいる間のミニーはおとなしくして良い子にしていたようだ。
父がご飯を食べないミニーのためにワンコ用のカロリードリンクや缶詰を買ってきて食べさせようとしてくれたらしく、いろんなものが置いてあった。
カロリードリンクは少しだけど飲んでくれた様で、まぁ、少しでも口に入れたことが嬉しいね。

体重も13Kg程だったものが1Kg位減っていたみたい。
術後1週間で1kg・・・そろそろちゃんとご飯を食べてほしいよー。

明日の病理検査の結果、良い結果だといいな・・・。
[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-31 01:41 | Minnie | Comments(0)

今日も病院へ。

ワタクシ何日か前に風邪をもらってしまった様で絶不調。
頭痛が抜けなくてダル重~な日々。

今日もミニーさん、点滴と痛み止めをうってもらって来た。
相変わらず食事はしないけど、昨日の夜はヨーグルトを少し食べた。
先生と話をして、お肉をあげたほうが良いかな?という事で、馬肉をあげてみようと病院の隣の肉屋へ行くが、本日定休日だった^^;
買い物がてらスーパーに寄ったのでササミを購入しチキンスープを作ってみたが・・・全く食べず。しょうがないから病院で出してもらった缶詰めを口の中に塗りたくり無理やり食べさせる状態。
点滴はしているが、食事の絶対量は足りてない。
大好きだった物にも見向きもしないし、どうすりゃいいんだミニーさんよぉ~(ToT)

明日は私が仕事の間は実家で傷を舐めてしまったりしないよう看ていてもらう事になっている。
今日サークルをセットしてきたが、ちゃんと入って良い子にしていられるかな。
向こうに行くことで少し気分転換になってくれるといいんだけどな。

点滴の準備が出来るのを待つミニーさん。
a0088549_2161514.jpg

[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-30 02:16 | Minnie | Comments(0)

通院

土曜日に退院してから全くご飯を食べないミニー。
退院時に3日後の再診でいいと言われていたが、食事をしない場合は翌日連れてきてくださいと言われていた。

++++ 日曜日 ++++

今日も朝から食事をしないミニー。
午後にもう一度あげてみたがそっぽを向いてしまうし、少量だが吐いた跡があった為病院で点滴をする事に。

夜も変わらず口をつけず。
なんとなく・・・もちろん術後の痛みなので体調も良くないのがあると思うんだけど、半分は拗ねて食べないように感じる。
それにしても・・・入院中もほとんど食事に口をつけない状態だったようなので心配だ。

傷の様子は、肥満細胞腫の場合治りが遅いとの事だったが、腫瘍のあった場所の様子があまり良くなくもしかしたら開いてしまったら縫い直しの可能性もあるかもしれない。


++++ 月曜日 ++++

朝方ミニーのサークルをのぞいた時にはエリザベスをして寝ていた。
パパが起きた時には外れていてどうやら傷を舐めてしまった様子。
朝のうちに病院で傷の様子を診てもらう事にした。

傷はやはり舐めた痕があって、しかも一番舐めてほしくない箇所を舐めてしまったようだが、今回はまぁ、大丈夫かな・・・との事で洗浄と消毒で済んだのが幸いだった。
あn
食事に関しては麻酔をかけた後、食欲の落ちる子がいるとの事だったが、ミニーの場合今まで麻酔をしても食欲が落ちることはなかったと伝えると、やはり術後の痛みと肥満細胞腫を切るとそれが悪さをして胃の調子が悪くなることがあるのでそれかもしれないと。
私達の胃もたれのような状態だ。
しかし、食事をしないと消化器官が動かないし、ガンの治療をしていく体力がなくなってしまう。
少しでも口にして元気をつけてほしいところだ。

術後、痛み止めは使っていなかったので、今回点滴と痛み止めをうってくれた。
痛みが和らいでる間に少しでも食べてほしいものだが。

帰宅後少ししてご飯をあげてみたが全く食べず。
仕方がないので、ほかの子の散歩を済ませてから再度チャレンジ!!
だが・・・食べず(ToT)

また後でチャレンジと思って私がコーヒー飲みながらお菓子を頬張っていると興味を示す。
ならば!と、ワンコ用のバナナカステラをあげてみると食べた!!
これいける!と、食べさせている途中で雷が大きな音を立てた。
雷嫌いのミニー、ビビッて口に入れたカステラが口からボロボロと出てきてしまった^^;
もー、なんてタイミングの悪い!
せっかく食べていたのにもうビビッて食べてくれないじゃんよー!!!

夜はやはり食事はせず。
薬をチーズに包んで飲ませ、ふやかしたフードと缶詰を少しだが無理やり口にいれ食べさせたがほんの少しが限界だった。

エリザベスもミニーのストレスの一因になってると思い、エアーの浮き輪タイプに変えてみた。
すると少し表情が明るくなり、自分のハウスに入ってくつろいでいた。
a0088549_1551887.jpg

今はハウスから出て私の横でくつろいでいます^^

明日の病院もガンバロー!
[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-29 01:56 | Minnie | Comments(4)

退院♪

土曜日、ミニーさん退院してまいりました。
a0088549_2421472.jpg


脚の腫れはまだあるけど、これは想定内の腫れということである。
再診は3日後。それまで消毒に通うこともしなくていいらしい^^

ただ、今日お家に帰ってきたらご飯を食べてくれるかと思ったけど、全く口をつけず。
もしご飯を食べなかったら病院へ連れてきてくれと言われているので、明日の朝食べなかったら病院へ行くことになるんだな、これが。
入院中も食べてなくて点滴してたからお腹空いてるはずなんだけどな~・・・。
明日に期待!

家に帰ってきたミニーさん、今はBooの使っていたサークルに入っている。
本人は自分のハウスに入りたがるが、屋根付きだと出てきてほしい時拒否られたら傷もあるし引っ張り出せないので不便。
サークルだと上からひょいっと出し入れがしやすい^^

時々、鼻をヒュンヒュン鳴らして切ない声を出すミニー。
傷が痛むのか、ただ違和感を感じているだけなのか・・・。
とにかく安静の為、自由にさせてあげられないのと、もし痛みでヒュンヒュン言っているとしてもどうもしてあげられないので撫でてあげることしかできないのがもどかしいよ。

今は安心したんだろうか、声も立てず時々いびきをかきながら爆睡でございますzzz
[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-27 02:56 | Minnie | Comments(2)

面会

昨日と今日、仕事帰りにミニーの面会に行ってきた。

++++ 3月24日 ++++

この日、担当の先生がお休みだったけど、引継ぎをしてくれた先生からお話を聞いた。
傷の様子は昨日の今日でまだはっきりはしないけど、明日の傷の様子で退院かどうか決まりますとの事だった。
ミニーの様子はいい子にしていて前日ごはんも食べたそうだ。

ミニーの入ってるクレートといいますか、お部屋に行っての面会だったが、ミニーはほとんど動かず・・・。
脚は結構腫れていて豚足のようになっていた・・・。

結構大きい傷・・・。 そして豚足。
a0088549_144559.jpg

3

++++3月25日 ++++

ミニーがストレスがたまっている様子?
クレートに鼻をこすりつけて鼻の頭が傷ついているとの事で・・・脚の傷の様子もいいみたいだし退院できるようにと連絡をしようと思っていたと言う。
しかし、明日は実家が留守で、私も一日仕事・・・。
傷の状態はまぁいいと言ってもずっと家に置いておくのは不安なので、明日の夕方まで病院にお世話になることにした。
そうすれば日~火で私が休みで様子を見ることができるし安心だ。
ちょっとミニーが可哀想な気がしたが後一日辛抱しておくれー!!

今日は実家の母もミニーの様子を見に一緒に病院へ行ってくれた。
少し歩かせてもいいとの事だったので、2階の1室を借りそこでゆっくりミニーを歩かせながら面会。
休み休みうろうろした後、鼻をヒュンヒュン鳴らすので、傷が痛いのかな・・・?疲れたかな・・?と、早めに面会を切り上げて帰宅することにした。
もう少し一緒にいたかったけど、明日には退院だから諦めたよ。

明日ミニーが帰ってきたらタンクナやちゃー坊としばらくは別行動だけど、みんながいるところに帰ればミニーも安心してくれるかな^^

a0088549_1151830.jpg

[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-26 01:15 | Minnie | Comments(0)

手術した。

今日、ミニーが肥満細胞腫の切除手術をした。
朝ミニーを病院に預け、手術が終わったら連絡をもらうことになっていたんだけど、仕事が終わる時間になっても連絡がない。
パパのほうにも連絡が入っていないということだったので、心配で仕事帰りに様子を聞こうと病院へ寄った。
受付の方に確認をしてもらうと、ちょうど今終わって気管チューブを抜いたところだということだった。

ミニーの麻酔は醒めていなかったが、先生が手術の話をしながらミニーに会わせてくれた。
小さな体に大きな傷・・・。痛々しくて泣きそうになった。
そんな私がそこにいる事を知らないミニー、先生が麻酔から醒めるようにミニーの名前を呼びながら体をゆすったりポンポンしたり。
時折「ンゴ~~」って聞こえて来たのって・・・いびき??

今回の腫瘍は先生の見解では、皮下肥満細胞腫であろうということ。
結構根が深くて筋肉の一部や血管を巻き込んでいたそうだ。
それでも、可能な限り大きく切除したと先生は言ってくれた。
病理に出す腫瘍も見せてもらったが結構大きかった!
後は病理検査の結果待ちで今後の治療方針が決まる訳だ。

今回も結果次第では断脚・・・という言葉が出たが、できればそこは避けたいけど、結果を受けてそれがミニーの命を救うための最良の方法だとしたら考えなくてはならないのかな・・・。

いろいろ考えてしまうが、まずは病理検査の結果が出ないことにはどうにもならない。
結果が出るまで約10日、それまではミニーに傷を治すことに専念してもらうしかない。

今のところ金曜日までは入院が決まっているが、その後のことは傷の様子と相談しながら決めていく事になっている。
肥満細胞腫で傷のくっつきが良くないだろうということと、切除したのが関節の部分だと言うこと。
この手術の場合、傷が開きやすいんだって・・・。

退院した後も安静にしなくてはならないので、退院後は私が仕事の間は実家で預かってもらえるように頼んであるからその点はちょっと安心だ。

今日はミニーさん本当に頑張りました。
しばらくは痛いだろうし、思うように動けなくて不便だろうけど、早く元気になれるよう一緒に頑張ろう!!
[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-24 00:33 | Minnie | Comments(2)

明日手術。

ミニーさんの肥満細胞腫の切除を明日することになった。

出来た所は右前脚のつけ根に近いところ。
通常は腫瘍の周り2cmを大きく切除するとの事だが場所が場所だけにそれも難しいかもしれない。


肥満細胞腫はとにかく病理の結果がでないと判断がつかない部分が多い為、あらゆる可能性を考えたうえでの答えを出しそれに沿って手術をしてもらうことになる。

まず、術後、病理の結果で放射線治療が必要ならするか。
今の段階で確実に全てを取り除ける可能性の高い断脚をするか。
断脚についてはステージが1だった場合やり過ぎ感はあるかな?との見解もあった。

先日の検査では内臓への転移もないだろうとの事だったし、血液検査の結果も問題なかった。

以上の事をふまえて・・・
断脚はせず、今回の手術で可能な限り大きく切除をしてもらう。
病理の結果で放射線治療や抗がん剤が必要ならそれは行う。
まずは明日、ミニーに頑張って手術をうけてもらって病理検査の結果まちをする事になる訳だ。

切除をして病理の結果で全て取り除けているというのが一番いい結果なんだよね。

ミニーさん、元気になる為明日頑張ろう!



[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-23 01:07 | Minnie | Comments(2)

また問題発生(泣)

20日、ちゃー坊が元気に6歳を迎えてくれたことは我が家にとってうれしい出来事。
これからも元気にみんなで仲良く過ごしていってほしいと切に願う!
ちえゃー坊、おめでとう☆

そんな中ミニーに問題発生。
まだ病理に出てはいないので診断確定ではないが、ほぼ肥満細胞腫確定。
場所が悪くて脚の付け根に近い為、手術ですべて取り切れるかどうか。
ステージもわからない状況なので、いろいろな治療法など今日先生から話を聞いてきた。

説明の中に断脚のワードが出て来て、その可能性も考えはしたが直に耳に入るとかなりショックだ。

明日、もう一度病院で我が家の考える治療方針を伝えて、先生と最終決定をしてくる予定。

まさかBooに続いてミニーまでなんてかなりへこむよ・・・。
[PR]
# by Boo-Minnie | 2016-03-21 00:59 | Minnie | Comments(0)

今の思い。

Booがいなくなって4か月と9日が経った。

今でも時々Booがいなくなってしまったことを忘れてワンズ達を呼ぶときにBooの名前を呼んでしまうことがある。
それに、犬友とお話をする時に、つい「Boo達がさ~・・・」と言ってしまう。
一緒に暮らした約13年、半端ないなぁ。と、実感する。

Booが旅立ってなんだかすごく長い長い時が経ってしまったように感じているが、まだ 4か月しか経っていないんだ。
元気でいる時にはお誕生日を迎えるたび、まだ○歳のような気がするがもう○歳なんだ・・・。
月日が経つのは早いなぁ~。と思ったものだ。
いる時といなくなってからでは時間の流れの感じ方が逆になるんだね、不思議。

今は悲しみって言うものはなくなってきたように思うが、代わりに淋しさが半端ないね。
いなくなってすぐのころよりいろいろ思い出してウルッとすることが多い気がする。
それでも毎日Booと過ごした楽しい出来事を思い出す今日この頃・・・・。
a0088549_0532459.jpg

[PR]
# by Boo-Minnie | 2015-10-03 00:53 | その他 | Comments(2)

お別れ。

2015年5月23日 土曜日、Booが逝ってしまった。
12年9ヶ月と10日の犬生だった。

朝仕事に行く前にブロッコリーをあげたら美味しそうに食べたので、また夜あげるね、お仕事行ってくるからね、すぐに帰ってくるから待っててね。
いつもと変わらない言葉をかけ、頭をなでて家を出た。

仕事に行って12時半を過ぎたころ、パパから「Booが倒れた。」と、電話があった。
その様子に「ヤバいの?」と尋ねると、「だから先生が私を呼べって言っている。」と。

お昼に入っている人が戻るまであと15分程・・・すぐには行けない・・・。
それを聞いていたもう一人の同僚が、大丈夫だからすぐに行っていいから!と、言って送り出してくれた。

職場が病院の近くだったので、5分程で病院に行く事が出来た。

中に入って目に飛び込んできたのは投薬されながら心臓マッサージをされているBoo・・・。
頭の中が真っ白になった。
なんで?なんで?

その日、パパがお休みだったので、Booを病院に連れて行ってくれた。
胸水を抜いて、少し楽になったのか、ご飯をもらっパクパク食べたそうだ。
そしてお会計を待つ間、酸素室に入れてくれていたそうだ。

食欲増進剤も使ったし、これから少しでも食欲が戻って食べてくれるといいんだけどね。と、先生と話をして、栄養価の高い缶詰と薬をもらって会計を済ませ、あとはBooを連れて帰るだけ。
そんな時、酸素室でBooが倒れたそうだ。
咳込むというか、何かのどに引っかかっている時に出そうとするような仕草をし、そのまま倒れた。
家で倒れたときと同じような状態だったようだが、この日は倒れて1分ほどで心停止してしまった。
先生もBooは家に帰ると思っていたので大変驚いていた。
本当にまさかの急変であった。

この時血圧が一気に低下する症状になった可能性が大きく、病名が付いていたのだが、なんて言ったか覚えていない。
ただ、普通の状態なら回復できるのだが、Booの場合体がもう限界だったのだ。

その間も先生方が交代で心臓マッサージを続けてくれ、AEDを3回までできるが、それで戻らなければだめである・・・と言われたので、AEDを試してもらうことにした。
1回、2回・・・戻ってほしいと願う3回目・・・。
3日目の後も先生が心臓マッサージを続けてくれたが、パパと「もういいね?」と終わりにしてもらった。
Booの闘病生活、そして12年9ヶ月と10日の犬生が終わった瞬間だった。

動かなくなってしまったBooの顔を何度もさすってみたが反応は全くない。
出てくるのは涙とBooの名前だけ。

今まで頑張ってくれたBooをきれいにしてあげたくてシャンプーをお願いした。
後を先生方にお願いしてBooがきれいになって戻ってくるのを待つ間、飛び出してきてしまった職場に連絡を入れたら、今日は仕事に戻らなくていいからBooのそばにいてあげてと言ってくれたので、さらに涙があふれてしまった。

しばらく待ってBooが綺麗になって帰ってきた。
車に乗せて家に帰る途中もずっと苦しかっただろtうなとか、幸せだったのかな?とか、いろんなことを考えて泣けてしまってしょうがなかった。

闘病中、本当に頑張ってくれたBooさん。
お友達が訪ねて来てくれると強いBooの姿を見せた。
いつ何があってもおかしくないと言われていたが、最期まで自分の足で立ってトイレをして、ご飯も食べた。
先生もBooは本当に最後まで犬らしく生きて強い子だったと言ってくれた。
それまでは、Booの状態なら普通の子だったら寝たきりになっていてもおかしくないが、普段の生活を送れている不思議な子って言われていた。
本当にBooは私たちの自慢の子、そして最後の最後までBooらしかったな。

5月25日 月曜日
この日Booを連れてペット葬祭場へ。
Booを空に送る日だ。
夏男Booに良く似合う天気のいい暑い日だった。

Booの体はなくなって小さいお骨だけになってしまったが、おうちに連れて帰ってしばらくはみんなから見えるところにいる事になる。
ちいさくなってしまったが存在感は半端ないね、Booさん。


Booが闘病中訪ねて来てくれた皆さん、コメントやメールを下さった方々には本当に励まされ支えになり頑張れました。

Booが逝ってしまった時お別れに来てくれた方々には本当に救われました。
パパと2人きりでは悲しくて淋しくて耐えきれなかったと思います。

お花を下さった方々、いただいたお花は今もBooの周りで賑やかに咲いています。

皆さん、本当にありがとうございました。

病院の先生方、スタッフの皆さんにはとても良くしてもらい、最後もBooを引き戻そうと一生懸命処置していただきました。
本当に感謝しています。

Booとかかわって下さった皆さんに心から感謝しています。
本当にありがとうございました!!
[PR]
# by Boo-Minnie | 2015-06-02 02:15 | Boo闘病生活 | Comments(2)